Hanada Ne ~縹音~

歌唱合成の魅力に取り憑かれて作り始めたオリジナル曲のこととか。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*10*29 Sat
02:46

今週末はM3!! &コミケ受かりました!!

こんばんは、ご無沙汰しています、苑田です。

ええと、

冬コミ受かりました!!
パッパカパーン!

3日目西「け」14bです。

はわわはわわ、揺歌サユCD的なものを用意する予定です。がんばります。
詳細はまた後日書かせていただきますね。



さて、今週末は、コミティア、名古屋のボーパラ等々気になるイベント目白押しですが、

なんといってもやはり今回はM3です!!

といっても、サークルで出るわけではないのですが、一般でも初参加なので楽しみです。
まがいなりにも同人音楽の世界に足を踏み入れたものとして、一度は行ってみたかったので。


そして、2つのCDで関わらせていただいたので、紹介させてください!


まずは、「じゃあね」のリミックス版を歌っていただいた、但馬脩さんのCDです。

・スペース:あ35f
・サークル名:たじま庵 (http://tajmaan.choitoippuku.com/tajimaan/)
・CD名:Tajmahal


10曲目の「Another worlds」をかかせていただきました。ほんとかっこよくて素敵な曲がたくさん集まっている中で、しっとりめな曲になってしまいましたが、脩さんの歌声が映えるように作ってみたつもりです。是非聴いてみてください!




もう一つは、前回から参加させていただいてる、ブラジル音楽コンピです。

・スペース:え05b
・サークル名:Voca brasileira (http://dejaneiroo.net/vocabra/)
・CD名:Uma fuga



クロスフェードに間に合わすことが出来なかったのですが、曲の方は完成したので、入れていただけることになりました…!今回はミニアルバムですが、メンバー思い思いの音が集まったと思います。未だにブラジル音楽もどきしか作れないのですが、今回はUTAU音声ライブラリの大和内庵のボーカルに、ただのレラさんのコーラスを加えてみました!




どちらのCDも、濃い中身になってるので、行かれる方は是非チェックしてみてください!
私も当日は会場にお邪魔する予定です。

さー、サークルチェックするぞー!! *

2011*10*06 Thu
15:17

R.I.P S.Jobs

こんにちは、苑田です。


今日の朝、衝撃的なニュースがテレビから聞こえてきて目が覚めました。
そう、Appleの元CEOであるSteve Jobs氏が亡くなりました。

病気と闘いながら最後まで仕事に取り組まれたJobsに敬意と哀悼の意を。



そこまでJobsのことを知っているわけでもないけど、私のこれまでの23年にも影響を与えてくれた事は確かです。



私が幼稚園児の頃、初めて触ったパソコンは、Apple ComputerのLC-475という機種でした。
OSは、漢字Talk 7.5になってたと思います。
ピザボックスと呼ばれた、薄い本体の上にカラーディスプレイが乗っかって、父親がPerformerというシーケンサーソフトを使ってMIDIの打ち込みをやっていました。

キッドピクスという幼児向けのソフトをはじめ、いろんなソフトで遊ばせて貰い、ひらがなを覚えたり、ローマ字入力を覚えたり、クラリスワークスで表計算、ワープロ、ドローソフトのある程度の使い方も独りでに学んでいきました。


それから時代の流れと共に我が家にもWindowsマシンが普及し始め、しばらくMacとは遠ざかるわけですが、可愛らしい一体型のiMacが発売され、まもなくMac OS Xが登場して以降、いつも片隅にあの洗練されたインターフェースをいつか使ってみたいという思いが渦巻いていました。


大学生になって、結局情報系には進みませんでしたが、それでも念願のMacであった、iBook G4を親にねだって買って貰いました。
ハード、ソフト面から非常にすっきりとしていて使いやすく、開発者のこだわりを至る所で感じながらどんどんとのめりこんでいきました。

それから、GaragebandをきっかけにDTMを始め、シンセを買い、二台目のMacであるiMacをオークションで手に入れ、Logic Studioを買い、3台目のMacであるMac Book Proを買い、今の状況に至っています。
Macを使っていたことで、周りの人間関係も大きく変わりました。




経営者としての手腕、リーダーシップ、独創性、負けず嫌いな根性、こだわり、探求心。
それらが行動に表れ、ものを作ることで世界に大きな影響を与えてきたということには尊敬の念を抱かずにはいられません。
オバマ大統領の「彼の訃報を彼自身が生み出した機器でこれだけ多くの人が知ったという事実が、Steveに対する最大の賞賛かもしれない。」という声明にも大きくうなずける。
この世からJobsが去っていっても、彼の愛した製品が多くの人の手に残り、記憶に残っていくことは素敵だなと思います。

Jobs、今までお疲れ様でした、安らかにお眠り下さい。 *

2011*08*21 Sun
01:50

チラ裏楽曲解説第2回

こんばんは、苑田です。

C80の新譜、MOMENTO PREZIOSOは聴いていただけましたでしょうか?
前回に続いて、楽曲の解説などなど。

今日は、2曲目の"the words for you"と、5曲目の"freight train"について。


どちらも、シンセドラムの音以外に、ラテンの楽器を足してみました。
ギター以外に、スルド、カイシャ、ガンザ、カバキーニョ、クイーカetc…
ハーモニーは稚拙でも、少しは元気が出るようなノリが出てればいいなと思います。



"the words for you"

作曲・作詞ともに私です。
伝えたいこと、伝えられてますか?

私は苦手です。けど言うときは言うよ!(たぶん


感じとか、空気とか読み取って感情を伝えられたらどんなに楽だろうと思うこともしばしばですが、伝える時といいますか、瞬間も限られていますよね。伝えられる内に伝えなきゃ、後悔だけが残っていくのでしょう。
別に「好き」とか「愛してる」に限ったことじゃなくて、「ありがとう」の気持ちだったり、「ごめんね」だったり。

せっかく言葉という道具を持ってるんだから、有効に使っちゃいましょう。





"freight train"

今作品の中で唯一のインスト曲。「貨物列車」というタイトルです。
長大な編成を組んで、颯爽と走り抜けるイメージをそのまま曲にしてみました。

昔は蒸気機関車が、様々な貨車を引き連れて日本中を駆け巡っていましたが、今ではほとんどがコンテナ列車な気がします。それでも、小さいコンテナから大きいコンテナ、GPSシステムやエンジンを積んだ冷蔵コンテナがあったり、コンテナ積載用の専用電車があったりと、貨物列車の世界も奥深いです。

そして、何より長大な距離を走る物もたくさんあります。日本で最長だと、札幌貨物ターミナル駅から福岡貨物ターミナル駅までだとか。ひょえー。


ホームで電車を待ってるときに、走り去っていく貨物列車も実は遠いところからやってきてるのかも知れないとか考えながら見てみるのもちょっとロマンチックじゃありません?
大切な瞬間を届けるために、大事な積み荷をせっせと運ぶ働き屋さんを。 *

2011*08*19 Fri
00:01

C80お疲れ様でした & チラ裏楽曲解説第一回

戦利品を眺めてたり、コミケの2ちゃんまとめを読んでたりしてたら、あっという間に数日経ってました…。苑田です、こんばんは。



まずは、夏コミお疲れ様でした!!


暑さで体調崩す方がいたり、偽札騒ぎがあったり、徹夜組が倍増したとの話も聞きましたが、今年の夏もなんとか無事終わったようでよかったです、コミックマーケット80。震災の影響も囁かれていましたが、前回から2万人減の54万人もの人が集まったそうで、その活気には只々驚くばかりです。

私も1年ぶりのコミケでしたが、やはり夏は暑い!
スペースで座ってるだけでも汗が止まらない中、トニフロのCDを手にとってくださった方、本当にありがとうございました!
事前に調べてくださってる方はもちろん、コミケでは試聴してくださる方も多くて嬉しい限りです。



今回のCDの曲は、聴きやすい曲で纏めてみました(というより、ほんとはのれるような曲にしたかったw)。4つ打ちのドラムにラテンっぽいテイストを加えてみたり、スローテンポの曲にはグルーブテンプレートを用いてみたり。

じっくり聴いていただくのはもちろん、ドライブのお供や、コーヒータイムに裏で流していただけたら幸いです。




-----------------ここからチラ裏-------------------


さてさて、CDに収録した楽曲の解説というほどでもないけど、お話を何回かに分けて綴っていきたいと思います。


第一回ってことで、最初は1曲目の「Only once in the life」について。

日本語に訳すと、そのまま「一期一会」な訳ですが、今回のCDのコンセプト及びタイトルの「MOMENTO PREZIOSO(大切な瞬間)」の言い換えとも言え、製作に入るにあたり、絶対に1番目に持ってこなければいけないなと考えていました。

特に、ここ数年は「出会い」に恵まれているなと感じています。日常生活でもそうだし、DTMという趣味の世界でもそうだし。様々な人と、世界と、趣味と、経験との出会い…。 

その出会いが積み重なって今では同人でのアルバムCDも9枚目という形になっています。
どんな人間関係も永劫に続くわけではないし、製作もいつまで続けられるかわかりません。

私にとっての「大切な瞬間」は、「今」です。なう。
タイムワープも、タイムリープも出来ない今、未来に進むことも、過去に戻ることも出来ないなら今を大切にするしかない。もちろん、過去から学び、未来を見据えることも大切ですけど。


人と、物との出会いを大切にして、今しかできないことを精一杯やっていきたいなと思います。



Only once in the life.



~おまけ~

2日目終了後、イトカワPと雨宮時雨さん、にゃくろ君とで熊谷の花火大会に行ってきました!!
iPhoneの電池が瀕死で全然綺麗な写真が取れなかったけど、ものすごく迫力ある花火を目に焼き付けてきました。
花火もほんと一瞬の輝きで、だからこそ余計に美しく感じるのかもしれませんね。

*

2011*08*09 Tue
13:15

C80参加します!

1年ぶりのブログ記事だと…!?
ご無沙汰しております。sayu_tです。

去年は、都合が合わず夏コミも冬コミも行けずじまいでしたが…。


今年は行きますよ!!新譜を引っさげて!!



ええと、ということでまずは新譜のご案内から。

MOMENTO PREZIOSO
頒布予定日 :2011/08/13 (コミックマーケット80 2日目 ク-18b)
頒布価格  :800円(イベント頒布価格)
特設サイト :http://tonicflow.com/discography/mp/
       

参加メンバー:苑田隆大(sayu_t)…ディレクション・マスタリング・作曲・作詞
       cat.B(にゃくろ)…作曲・特設サイト製作
       ぷらすさん…【ゲスト参加】作曲・作詞
       たるとさんななはるさん…作詞
       但馬脩さん…唄
       晴子さん…ジャケット及びレーベルのイラスト・デザイン
クロスフェード(ニコニコ動画)


参加者メンバーをご覧の通り、今作は多くの方の力を貸していただくことになりました。
MOMENTO PREZIOSOとは、イタリア語で「大切な瞬間」という意味です。それをテーマとした楽曲で構成したアルバムですが、作る過程でも大切な瞬間を味合わせていただいたと思っています。

甘いサウンドを提供してくださったぷらすさん、感情溢れる歌詞を書いてくださったたるとさん、ななはるさん、ソウルフルに歌ってくださった但馬脩さん、そして鮮やかでセンス溢れるジャケット及びレーベルを描いてくださった晴子さんには本当に感謝の限りです。


また、今作はボカロ(初音ミク、巡音ルカ)及びMac音ナナに加え、桃音モモ、揺歌サユ、水歌ナツ、大和内庵、轟栄一といったUTAUのライブラリも活用させていただきました。表情豊かなライブラリを提供してくださってる方々にも併せて御礼申し上げます。



その他、THE VOC@LOiD M@STER 16(ボーマス16)にて頒布した「a distant world」を始め旧譜も持っていきます。まだ手に取ってない方は是非!


スペースは…

C80 2日目 ク-18b "Tonic Flow"


です!! よろしくお願いします。
*
Twitter

苑田隆大 < > Reload

うpしたもの
プロフィール

苑田隆大 (sayu_t)

Author:苑田隆大 (sayu_t)
所属サークル

Tonic Flow
:にゃくろとの音楽サークル。

ちまちま曲とか作ってます。
ニコニコ動画では「生P」というP名でも活動中。

また、このブログはリンクフリーです。
基本チキンですので、どんどん声をかけていただければ嬉しいです。
ボカロ関係に限らず、いろんな方と交流が持てたらなと想います!
バナーはよろしければ、以下のをお使いください。

http://blog-imgs-26.fc2.com/h/a/n/hanadane/bannar.jpg


訪問者数
オススメ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。